2020-06-25

オーク・ファンタジー

オークオークファンタジー:プロローグ:そしてオークは支配遺伝子というチートを手に入れた

それはある秋の昼下がりだった。まだ俺が愚かでバカなオークだった頃。いつもの日常、ママンが昼飯ができたって兄弟たちを呼んだ直後だった。いつものように遊んでいた兄弟たちは全速力で家に戻った。俺の家では飯は来た順に選ぶから早く行けばたくさん...
染められてしまった嫁、気づかなかった僕。

萌夏のその後2【ボイス作品の後日談】

 色っぽい声を出しながら萌夏が指を股間に這わせる。敏感なのかクチュリと音がするほどに既に湿っている。 「んんっ、当社ではぁ新人の女の子はぁ…んんっまずは社長の(ピー)さんと関係を持ちぃ…んんっその素晴らしさをぉ、はぁぁん、理解し...
タイトルとURLをコピーしました