オナニー

三ヶ森学園敗北記

 捌日目 植え付けられた卵と母性の爆発 放課後 三ヶ森学園体育館 宅岡出武男(2)

「はぁはぁ…あぁぁんっ、おかしい!おかしい!なんか来ちゃうぅ!」 快感に声を震わせながら引き締まった体の陸上少女が叫ぶ。 「いいわよ!そのまま気持ちいのに身を任せちゃって!」  そう顧問が指示する。そして彼女の周りでは他の部員たちも全員...
三ヶ森学園敗北記

 捌日目 植え付けられた卵と母性の爆発 放課後 三ヶ森学園体育館 宅岡出武男(1)

 放課後、体育館に陸上部員たちが整列する。みんな昨日より若干艶かしく感じる。 「いいね。今日は体育館だから恥ずかしがらずに一度全員脱いでみようか」  そう速風がいう。昨日一人で脱ぐのもためらっていた少女たちも、今日はためらわずに言われる...
三ヶ森学園敗北記

肆日目+伍日目 承認への欲求 臣川沙田輝

 一方、臣河沙田輝は日が暮れてからいつものように妖魔を探して街を歩いていた。  彼女の担当は三ヶ森市の繁華街と学校付近だ。彼女の垢抜けたファッションや弓道部や他の魔祓い巫女達と比較して明らかに広い交友関係を加味した采配だった...
寝取られた教育実習生

寝取られた教育実習生6:3日目:バスケのパス指導でメスイキ

「あ、しばらくセンセーはブラ禁止ね。ショーツはいいってさ」 そう言いながら私の恥丘をつーっと撫でる。ゾクゾクっと背筋に走る。 「あれ、センセー期待してた?少し濡れてね?」割れ目に指の先を突っ込んでそう下品に笑う少女。 ...
四十路オジサンシリーズ

婦警さん催眠寝取り編4

 翌日の早朝、美景が着替えている。これから出勤するところだからだ。俺は普段こんな早く起きることはないのだが’、今日は珍しく起きていた。無論、手に入れたばかりの美景を教育するためだ。 朝一番で俺の朝勃ちの一物を美景のよく引き締まった体に...
四十路オジサンシリーズ

「大人の」アイドル編9:枕営業の抱負

[凪沙みかん]  少し四つん這いが疲れてきたぐらいでやっと私達が更衣室につく。ご主人様が手綱をはなしてくれたので二人で手を洗いに行く。 「もう、パパったらアタシのオマンコ、ロックオンしちゃってるんだもん。ぜったいヤヴァいっ...
タイトルとURLをコピーしました