小説

Uncategorized

零日目 夜 妖魔との邂逅・裏 三ヶ森市鬼淵地区 宅岡出武男

 鋳沢岸斗が大ムカデに襲われているちょうどその時、宅岡出武男は人気のない通りをトボトボ歩いていた。  クソがっ、メスガキどもがオナホの分際で人のことを臭いだの間抜けだの笑いやがって。オマエラ全員ぶち犯してやるからな。ぶつぶつ...
三ヶ森学園敗北記(仮題)

零ー壱日目 表 妖魔との邂逅 鋳鞘岸斗

零日目 夜 妖魔との邂逅・表 三ヶ森市森淵地区 鋳鞘岸斗 カチカチと金属を打ち鳴らすような不気味な音がした。ざわつく夜の森、夏の風。俺は情けなくも尻餅をついていた、信じられない存在、いるはずのない化物が眼前にいた。  俺はいつ...
三ヶ森学園敗北記(仮題)

プロローグ2続 半年後の三ヶ森学園 鋳鞘岸斗

「フヒヒヒヒ、わかるか?でも月影もメスの匂いプンプンさせて、妖魔チンポほしそうだぜ。今日も朝のお勤めやってきたんだろ?」 「ふーふー、当然だ!我々妖魔巫女は自分たちが妖魔の皆様の下僕である自覚を忘れないために毎朝出部男様のおチンポ様...
三ヶ森学園敗北記(仮題)

【プロローグ2】半年後の三ヶ森学園 鋳鞘岸斗

入学から半年後…   「おはよう。オイ、短小寝取られクン、こっちにこい!」 一体何でこんな事になったんだろうか。 月影先生が俺を呼び止める。厳しいことで知られていた生徒指導の先生で弓道部の顧問。そして実はこの世...
三ヶ森学園敗北記(仮題)

【プロローグ1】 三ヶ森学園の入学式 鋳鞘岸斗

誰だってそうだろうが式典というのは退屈だ。たとえそれが俺自身の入学式だとしてもだ。いや俺自身の入学式だから余計に退屈なのかもしれない。周りにいるのはまだあって数時間のクラスメート。どうやら俺の中学のクラスメートの多くはこの学園、三...
他クリエイター様とのコラボ作品

半人半魔の冒険者堕つ(前)

HALさんのところの子に物語をつけてみました。 私、ヴェロニカ、は半人半魔のハーフデーモンだ。幼い時に人間たちに洞窟から救われて以来、アリスタの街を守っている。私の育ての親のジェイは鍛冶師で、いづれは私も後を継ぐことを期待さ...
他クリエイター様とのコラボ作品

半人半魔の冒険者堕つ(後)

引き続きHALさんへのイメージレスポンス小説  どれ位の時間が経っただろうか。私はいまだにダンジョンの地下12層にいる。というか、ユフィアに押し倒されてから一歩も私は動けないでいる。いまの私は枷をつけられ、ダンジョン地下12...
四十路オジサンシリーズ

芹沢家の崩壊(上)

 俺は怪人120号。地球侵略を目論む悪の秘密結社ジョーカーの怪人だ。といっても下っ端なのだが。それでも日々頑張って悪事に手を染めている。とはいえジョーカーの給料だけでは行きていけないのでバイトに励んでいるわけだが。まぁ、俺の本名と...
四十路オジサンシリーズ

芹沢家の崩壊(下)

「母さん、120号様のオチンポを私のオッパイで扱いてるだけだけど?」  しかし返ってきた答えは喜美江を更に恐怖に陥れるようなものだった。 「ミキちゃん俺にラブラブだもんな―」 「ふぁい、120号様あいして...
四十路オジサンシリーズ

四十路おじさんたちが正義のヒロインをパコパコする話:プロローグ1

プロローグ1  ボクは神坂夏織(かみさか かおり)。女子校生をしながら俗にいうところの正義の味方もしている。数年前にオーダー・セイバーという組織から声がかかった。たぶんボクがかなり若いにもかかわらず実家の神坂流剣術の免許皆伝...
タイトルとURLをコピーしました