変態

三ヶ森学園敗北記

壱日目 夕 変態が乱入した団地の一室で 三ヶ森市 花崎団地 宅岡出武男

 翌日。出武男は三ヶ森学園を休んだ。与えられた力に出武男の体がついて行かなかったのだ。四十後半の汚い四畳半は今や普通の人間なら嫌悪感しか感じない有様だった。出武男に与えられた力は虫を操る力だった。いや、正確には虫のような妖魔を操ることがで...
オーク・ファンタジー

オークファンタジー:第一話:非道なオークに村のロリショタ共は弄ばれる

 だが俺は優しいので笑顔で微笑んでやる。 「お前らの一番大好きな人間を思い浮かべろ、イヒッ。一番信頼してる奴だ。母親か?父親か?兄か?姉か?だれでもいい。そいつに対する信頼の気持ちを思い出せ。思い出せ。思い出せ。落ち着くだろ?フ...
オーク・ファンタジー

オークファンタジー:第三話:そして屈服した武装シスターは…

「じゃぁ、次は俺が儀式を捧げる番だな」 「え、儀式なんのですか?」 大股開きでシスター・レーアが問う。俺はニヤニヤしながら答える。 「お前が俺の女になる儀式だ、ヒヒ。 ほら、もう出来上がってんだろ。この体勢...
オーク・ファンタジー

オークファンタジー:第四話:邪教の目覚め

その聖職者というよりも娼婦に近い恰好でレーアが改まった表情で村の女たちに向く。 「今週、私は新たな神に会いました。私たちを導き、救ってくれる神様です。私は解ってしまったのです。私たちはあがめるべき神を間違っていたのだと。私た...
オーク・ファンタジー

オークファンタジー:第七話:ダルマキア辺境伯の娘、ダルマキア=ユリシアの場合

 シスター・レーアがオークに仕える娼婦シスター・レーアになってからひと月ほどが経った。ゆっくりと、ただし着実にティムポー教団は辺境の山々に散らばる孤立した貧しい村々に広がっていった。アルテア教団の地域的な寄合などを利用すれば造作もな...
オーク・ファンタジー

オークファンタジー:第十話:オーク討伐に行った騎士たちは敗北したことになっていた!?

異変は集落に入ったときに来た。通常なら集落だろうがまずは馬に乗ったまま侵入し、殺せるものは殺す。そして火をいかけてあぶり出して出てきたオークたちを殲滅するのがいつもの方法だった。 それなのに、集落に入った瞬間、マリアージュは激...
オーク・ファンタジー

第十四話:そしてオークたちは王都に凱旋する

あのプライドの高い女騎士も意識のないところではチンポに反応して全身で奉仕するチンポケースに成り下がるということか。 「うおりゃぁ、このオナホ騎士がぁ!ヒヒヒ」 そう言いながら突き上げる。俺のチンポがグイグイ高貴な騎士の子...
四十路オジサンシリーズ

第六話:チャラ男教師のオナニー講習会[恋愛教育1H][姫崎美園]

蝶野の部屋はB棟の最上階だ。回転ベッドや大きな鏡など全体的にラブホテルのような雰囲気だ。しかもそれで内装がショッキングピンクで統一されているのだから、ここが女子学園の一部だなどと想像すらできないような空間だ。 チリンチリンと...
四十路オジサンシリーズ

300ダウンロード突破記念”エピローグ―芹沢家の崩壊(再)―を3/3公開

一方その隣で塩豚が神坂夏織を膝の上に乗せていた。まだ挿入はしていないが怪人の人間離れした性器は既に美園ちょ蝶野の常時を隣で見ていたために大きく勃起している。その男性器のすぐ上に、神坂夏織の女性器があり、彼女は腰を宙に浮かせて挿入体勢を...
四十路オジサンシリーズ

Another End:3 女司令官陥落編

塩豚はジジジジっとパンツスーツのジッパーを下げていく。通常10センチほどで止まるジッパーが止まらないでそのまま尻の方までジッパーが開いていく。姫崎静子パンツスーツは左右に完全分かれてしまい、ベルトでくっついているだけになってしまう。 ...
タイトルとURLをコピーしました