体育会系

ヤリサーに負けたJDバスケ部員

【STORY】ヤリサーに負けたスポーツガール

 俺とサツキは幼馴染だ。女子バスケ部(女バス)のキャプテンで、サバサバしたサツキはいつも格好良くて好きだった。高校3年、サツキから告白されたときはすごく嬉しかった。あんまり...
三ヶ森学園敗北記

侵食する母性:三ヶ森学園:疾風競視点

「はあ…はぁ…」  荒い息が体育館に響く。まだ殆どの学生が来ていない三ヶ森学園の体育館。陸上部の朝練でボクは走っていた。いや、気合を入れて走っているわけじゃないのに妙にタイムは伸びている。早く走ってフェロモンを活性化させたい。部員全...
三ヶ森学園敗北記

性愛アピール特訓2:三ヶ森学園体育館:宅岡出武男

「今度は腰をグリグリ回すように動かす」  体育教師の指示がとぶ。まるで見えない肉棒を咥えこんでいるかのようにまだ処女の陸上少女たちがグリグリと腰を動かすケツを振って肉棒を咥えているような動きに思わずいきり立つ。正直、今すぐにでも陸上...
催眠水泳少女

催眠水泳少女~催眠術で中年男のチンポに恋する水泳少女~(1)

俺は禿田宅男、どこにでもいる冴えないおっさんだ。だが、一つだけ普通じゃないところがあるとすれば俺が催眠術が使えることだ。別に特別なことをしたわけじゃないが、若い頃に夢を追いかけてストリートパフォーマーになろうとしていた俺の師匠の...
タイトルとURLをコピーしました