オーク・ファンタジー

オーク・ファンタジー

オークオークファンタジー:プロローグ:そしてオークは支配遺伝子というチートを手に入れた

それはある秋の昼下がりだった。まだ俺が愚かでバカなオークだった頃。いつもの日常、ママンが昼飯ができたって兄弟たちを呼んだ直後だった。いつものように遊んでいた兄弟たちは全速力で家に戻った。俺の家では飯は来た順に選ぶから早く行けばたくさん...
タイトルとURLをコピーしました