四十路オジサンシリーズ

四十路オジサンシリーズ 四十路オジサンシリーズ

ヘンタイオジサンの第一作。何も考えずにただただしこりながらMCを書いていました。2015年

四十路オジサンシリーズ

芹沢家の崩壊(上)

 俺は怪人120号。地球侵略を目論む悪の秘密結社ジョーカーの怪人だ。といっても下っ端なのだが。それでも日々頑張って悪事に手を染めている。とはいえジョーカーの給料だけでは行きていけないのでバイトに励んでいるわけだが。まぁ、俺の本名と...
四十路オジサンシリーズ

芹沢家の崩壊(下)

「母さん、120号様のオチンポを私のオッパイで扱いてるだけだけど?」  しかし返ってきた答えは喜美江を更に恐怖に陥れるようなものだった。 「ミキちゃん俺にラブラブだもんな―」 「ふぁい、120号様あいして...
四十路オジサンシリーズ

四十路おじさんたちが正義のヒロインをパコパコする話:プロローグ1

プロローグ1  ボクは神坂夏織(かみさか かおり)。女子校生をしながら俗にいうところの正義の味方もしている。数年前にオーダー・セイバーという組織から声がかかった。たぶんボクがかなり若いにもかかわらず実家の神坂流剣術の免許皆伝...
四十路オジサンシリーズ

四十路おじさんたちが正義のヒロインをパコパコする話:プロローグ2

夜の学園長室。塩豚太のでっぷりと贅肉を貯めこんだ加齢臭を漂わせる肉体がふかふかの椅子の上に浅くのっかっている。服装はきちんと整った学園長室とは明らかに合っていない。上半身はランニングシャツ一枚に下半身は何も履いていないのだ...
四十路オジサンシリーズ

第一話 潜入!特別クラス! [日常パート1K][神坂夏織]

 神坂夏織(かみさか かおり)は苛立っていた。新しい任務で潜入することになった聖佳学園の学園長を名乗る男の視線があまりにも不躾すぎるからだ。手続きの間もチラチラとスカートとソックスの隙間の太ももを覗き見ているのが感じられる...
四十路オジサンシリーズ

第二話:無意識の刷り込みイラマチオ[洗脳パート1][神坂夏織]

第二話 無意識の刷り込みイラマチオ[洗脳パート1K][神坂夏織] 神坂夏織は眠ってしまっていた。彼女の部屋に無味無臭の催眠ガスが注入されたためだ。すべての食事に毒消しを入れていたにも関わらず、彼女はまんまと眠らされてしまった...
四十路オジサンシリーズ

第三話:屈辱の敗北処女喪失[屈服パート1][神坂夏織]

数時間後、様々な暗示をかけられた夏織は相変わらず全裸で男の股間をしゃぶらされていた。 「じゃぁ、今日の復習しようか。いまから起動スイッチを押すからね。目の前にいるのは性欲怪人フトシだよ、セイバー・レッド」 そういうと塩...
四十路オジサンシリーズ

第四話:姫崎美園とチャラ男教師 / 第五話:無残な落書き催眠タイム

第四話:姫崎美園とチャラ男教師[日常パート1H][姫崎美園] 少しだけ遡って前日。 神坂夏織が編入手続きをした日の午後。姫崎美園も聖佳学苑の編入手続きをしていた。 学園長の塩豚という人物はあからさまに教育者に向い...
四十路オジサンシリーズ

第六話:チャラ男教師のオナニー講習会[恋愛教育1H][姫崎美園]

蝶野の部屋はB棟の最上階だ。回転ベッドや大きな鏡など全体的にラブホテルのような雰囲気だ。しかもそれで内装がショッキングピンクで統一されているのだから、ここが女子学園の一部だなどと想像すらできないような空間だ。 チリンチリンと...
四十路オジサンシリーズ

第七話:チャラ男教師の淫語作文授業 [日常パート2H][姫崎美園]/第八話:性技の体操授業 [日常パート2K][神坂夏織]

第七話:チャラ男教師の淫語作文授業 [日常パート2H][姫崎美園] 数時間の後、姫崎美園は寮の自室で目を覚ます。寝ている間にどれほど汗をかいたのだろうか。どろどろになった体に気がついてシャワーを浴びようと彼女は思った。けれど...
タイトルとURLをコピーしました