参日目 夕→夜 妖魔との最初の戦い 三ヶ森市鬼淵地区→三ヶ森駅前 鋳鞘岸斗

 次の日の放課後、誰よりも早く弓道部にいって、弓道場の掃除をする。マネージャーという名前の雑用だが、妖魔と戦う彼女たちにできることはこれぐらいしかないと思うから。昨日、月影姉さんが帰ってきたのは11時過ぎだった。そんな遅くまで俺の住むこの街の平和を守るために先輩が頑張っているなら俺もなにかしらできることをしなければと思ったからだ。

 週三日は予備校があるけど、それ以外はずっと弓道部で魔祓い巫女達を助けたいと思う。俺にできることはそんなにないから。

 だから、夕方近くなって、月影姉さんに

「昨日は居残りさせちゃったからいざやんは今日はウチと一緒に見回りに行こうな!」

 と言われた時は嬉しかった。何より強くて凛々しい日影姉さんと一緒に行けるなんて嬉しいし、学ぶこともきっと多いからだ。

 日影姉さんの今日ん巡回ルートは駅前から、すこし町外れの森の際のあたりだった。ちょうど俺が日影姉さんに救われた、あの道も入っている。

「うーん、今日は大丈夫かな」

 そう人気のない森の中を走る国道を歩きながら日影姉さんがいう。

「どうして分かるんですか?」

「うーん、なんとなくかな?でかい妖魔とかだと妖気でわかることもあったりするけど、そんなのめったになくて大体、妖魔に取り憑かれた人間が挙動不審になったり、取り憑かれた動物がおかしくなってることが多いかな」

「難しいですね」

「まぁ、基本妖魔は人間を操るのが苦手だから大丈夫だな。まぁ、何かに取り付く前に発見できれば一番いいけど、それはなかなか難しい」

 そう語る月影姉さんの顔が陰る。犠牲者が出る前に敵を見つけられない悲しみか、索敵能力の力不足への絶望か、それはわからない。今の俺にできることはそんなに多くないから。

 三ヶ森市は盆地にできた街で四方を山に囲まれていて緑が多い。もともと山越えの途中の宿場町として栄えたせいで駅前の繁華街は賑やかだが一歩周辺部にいくと町の名前のもととなった3つの森と峻厳な山が無数にある。そこを弓道部の女子たちが一人で見守っていたのかと思うと頭が下がる。

「う~ん、なんか嫌な感じがするんだけどな~」

 そう言って月影姉さんがアスファルトの黒いシミを写真に取る。レトロなフィルム式のカメラだ。

「デジカメじゃないんですね」

「にゃはは~、ウチ、機械ダメな人が多いからね。それに…」

 注意深くアスファルトの染みに触れながら言いよどむ。

「それに…」

 ゴクリと覚悟する。

「フィルムには人に見えない物が映り込むことが多いからね」

 そう言った月影姉さんは至極真面目だった。ほんの数秒前の『にゃはは~』という笑いが嘘みたいに…。

「ホラ、心霊写真ってあるじゃない?あれって大体は人の目に見えない妖魔の可視光線をカメラのフィルムが焼き付けた結果なんだよ。だから、疑わしかったらとりあえずカメラで写真をとっとこうね!」

「ハイ!わかりました!」

「うむ!いざやん、いい返事で、大変よろしい!じゃぁ、駅前に行くよ」

 人気のない夕暮れの森の端から十五分ほど歩くと明るい繁華街の入り口だ。すっかり日も暮れてラブホテルのネオンが眩しい駅裏のダウンタウン。そこで俺たちはばったりと見知った顔に出会った。

 宅岡出武男、情報の教師でパソコン部の顧問だがいい噂は聞かない。噂では女子トイレを盗撮しているとか学校のパソコンでアダルトサイトを見ているとか。実際だらしなく加齢臭がひどいし、いつも同じシャツを着ているため女子だけでなく男子にまで評判は良くない。

「え、三ヶ森!」

 驚いたように一緒にいた少女と距離を取る。

「宅岡先生じゃないですか~!昨日一昨日と休んでたみたいですけど、もうお加減はいいんですか?それにキミは隣のクラスの下坂さんだよね?確か美術部長の…。部活総会で見たことがあるけど」

 そう距離をとった女子に声を掛ける。少し小柄で眼鏡が可愛い先輩だった。

「関係ないだろ。それよりお前たちこそ制服姿の男女でこんなところに来て、一体何を考えているんだ?ボクは美術部長の下坂さんが遅くまで残っていたから安全に帰れるかおくるところなんだよ!」

 鼻息荒くそう反論するデブ男。とてもじゃないがそんな雰囲気には見えない。ちなみにデブ男ってのは学園内でのこの情報の教師のアダ名だ。

「そうなんですか。にゃはは~、ウチも同じなんですよ~。ホラ、ウチってか弱い女子じゃないですか~。いざやんが送ってくれるって言ってくれたんですよ!」

「そうか、じゃぁこんな所に寄り道せずにさっさと帰れ。そうじゃないと不純異性交遊ってことで生徒指導に報告するからな。おい、弥尋、こんな奴ら気にせずこっちにこい」

 そういって強引に二回りは小さい学園生の肩を抱いてそそくさとすれ違う。

「なんだか、感じ悪いね~。いざやんはあんな大人になっちゃダメだよ!ま、キミなら大丈夫か!にゃはは~」

 顔を見合わせて笑い合う、まだ出会って数日なのに親しみやすい月影姉さんの性格のせいかすっかり昔からの友達のように感じる。

「それより、あの女子の先輩が可愛そうですよ。なんだか脅されてそうな雰囲気ですし」

「確かに…」

 いいかけて月影姉の視線が鋭くなる。

「近いよ!」

 直後ネオンの隙間、路地裏から目を血走らせた男が現れる。いや、男じゃない。妖魔だ。手が4本もあり肥大化した筋肉のせいで全身が巨大化して3メートルもある。膨らんだ筋肉のせいで破けたらしいスーツの残骸がところどころ引っかかってそのあやかしの下品さを際立たせていた。

「オンナ…オカス…チンポ…ツッコム…」

 うわ言のようにそう叫ぶ。異常事態に叫び声があちこちで上がる。

「ずいぶん下品な男に取り憑いたみたいだね」

 そう身長が倍もありそうな妖魔を前にうそぶく。やっぱり月影姉さんは格好いい。ひるむ素振りさえ見せずに札を構える。

「巫術八式!蟲殺切符」

 輝く光の呪符が8本、まるでリボルバーのように中空に構えられる。

「オマエ、…オンナ…ウマソウ」

「ふふ、おじさんのアプローチは嬉しいけど、妖魔からのお誘いはお断りなんだな~」

 その言葉とともに掲げた手が振り下ろされ、光の刃が敵に向かう。ヒュン、ヒュンっと空を切る音、だがその斬撃はかすっただけでこの間のムカデのように通らない。切り裂いた肉体が即座に修復されまるでナニもなかったかのように元通りになってしまう。

「むぅ~やっぱりこんなところまで入ってくる妖魔は虫下し程度じゃ無理~。じゃぁ、おじさん、これはどうかな?

巫術七式!御霊切符!」

 そう言いながら月影姉さんが俺とともに距離を取ろうとする。彼女の手にはまばゆく輝く光の弓。周囲からあつまる光を吸収しているように見える。

「ンガァ…ダス!ダス!ザーメンダスウウウウウ」

 月影姉さんの矢じりの向こうで男が暴れる。なんとソイツは肥大化してビール瓶ほどになったペニスを四本のうちの二本でしごいていた。残りの二本の腕で月影姉さんに襲いかかる。

「おじさん、普段運動しないでしょ?そんな大技じゃ私を捕まえることはできないんだな~!」

 妖魔の二本の腕が交互に魔祓い巫女を捉えようとして空を切る。だが、その直後、股間が震えるのをみた。

「危ない!」

 考えるより先に手が動く。与えられたのはただの木刀。それでも無いよりマシだ。俺の木刀が吹き出して凛々しい巫女を狙う妖魔の精液を払う。

「ナイスだよ、いざやん!

じゃぁ、おじさん、そしておじさんに取り憑いた下品な妖魔!」

 引き絞られた光の弓がひゅ―――んっと甲高い音をたてる。魔を払う甲高い鏑矢の音。

「魔の物は塵に帰れ!」

 光弾が妖魔を貫き、光とともに幻のようにこの世のものではない存在が塵と消える。あとには何一つ残らない。残骸も死体も、ただアスファルトに残ったわずかなシミだけが妖魔のいた証拠。

「じゃぁ、行こっか。すぐに野次馬が集まってきそーだし、そうなったら面倒だからね」

 そしてクールに踵を返す月影姉さん。慌てて追いかける。

「それと…さっきはサンキューね。格好良かったぞ!」

そう言って月影姉さんが俺の頭をポンポンっと叩く。子供扱いした仕草だが、月影姉さんの実力を知っているから全く嫌な気がしない。この人は俺の何倍も人生経験を積んで幾度も妖魔との戦いの死線をくぐってきたに違いないのだ。

「それは月影姉さんの方ですよ!」

 俺は隠すことのない本心を率直に述べる。人外の敵を前にしてひるむことさえせずにひょうひょうと立ち向かう月影姉さんの姿は格好いいという言葉ではあまりにも足らなすぎる。俺の語彙力ではこの胸の高まりを表現することさえできないのだと思い知ってしまった。それほどまでに月影姉さんはあまりにも格好良すぎた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました